美容情報

秋は「くすみ肌」に要注意! スキンケアのポイントは?

暑さも落ち着き、夜になると少し肌寒さを感じるようになる秋。
いつも通りのスキンケアを行っていても、ニキビや乾燥など肌トラブルを起こす人も少なくありません。

特に秋は、肌のくすみが進行しやすい季節だとご存知でしたか?
秋に肌がくすんでしまう原因と、くすみ肌への効果的な対策方法を知っておきましょう。

→ くすみ対策に人気のフェイシャルはこちら

秋の肌はなぜくすみやすいの?

秋に肌のくすみが悪化してしまう原因はさまざまですが、特に影響を与えているのが「夏に蓄積された肌ダメージ」です。
夏の間に紫外線をたくさん浴びてしまうと、直後に日焼けが現れなくても、時間差で秋になってからくすみが生じてしまうこともあります。

それに加え、秋になると温度や湿度が下がって空気が乾燥しはじめるため、ターンオーバーが乱れ古い角質が肌に残ってくすんでしまうのです。
また「食欲の秋」だからといってついつい甘いものや油っこいものを食べすぎてしまう人は要注意。

秋に起こりがちな食生活の乱れも、肌にどんどんダメージとして現れてしまいます。
毎年秋になるとメイクのりが悪くなる、なんとなく血色が悪い、乾燥とくすみが起きるという方は、しっかりケアをする必要があるでしょう。

必見! くすみを防ぐための肌ケア方法

ほほをさわ女性

・紫外線対策は続行
涼しくなる秋の時期ですが、夏とあまり変わらない量の紫外線が降り注いでいるので要注意。万全の紫外線対策を心がけて、肌のくすみを防ぎたいものです。
朝のメイク前にはしっかりと日焼け止めを塗り、紫外線を浴びやすい腕や足にもしっかりと対策をしましょう。
また日焼け止めの洗い残しは肌の負担になるため、お風呂でしっかりとオフしてくださいね。

・肌マッサージでくすみを解消する
くすみの原因となるターンオーバーの乱れを整えるためには、肌の血行を促進して働きを活発にすることが大切です。
お風呂上がりなど体と肌が温まっている時に、こめかみと頬骨を指で軽く押さえ、強すぎない、弱すぎないぐらいの力でクルクルとマッサージをしてみましょう。
あごから頬にかけて、持ち上げるようにマッサージするのもオススメですよ。

・食生活の乱れを防ぐことも大切
秋は食べ物が美味しくなる季節ですが、肌のくすみを引き起こす暴飲暴食はできるだけ避けたいもの。
油物やジャンクフードはできるだけ避け、人参やほうれん草、ひじきなどは肌の調子を整えて潤いを与えてくれる嬉しい食材なので意識して摂取しましょう。
カボチャやアボカドに含まれるビタミンEや、カツオやイワシに含まれるタンパク質は、代謝を助けてくれますよ。
肌に良い食品をバランス良く食べて、肌のくすみを防いでいきましょう。

秋のくすみ肌はスキンケア・私生活での対策を怠るとどんどん進行してしまうため、まずは「夏の肌疲れ」をしっかりと取り除くことが重要です。
肌の外側と体の内側、両方からきちんとケアをして肌のくすみをシャットアウトしていきましょう。

→ くすみ対策に人気のフェイシャルはこちら