シミ・くすみ

「日焼けこんがり肌」をできるだけ早く戻す方法は?

シミやシワを引き起こす日焼けは、女性にとっての大敵です。
日焼け止めを塗ったり、日傘を使ったりして紫外線対策をしている方は多いと思いますが、どれだけ気をつけているつもりでも、うっかりと日焼けしてしまうこともありますよね。
日焼けをしてしまうと肌トラブルを招くだけでなく、肌が暗くなったり日焼けしていない部分との差が目立ったりと、見た目にも大きな影響が加わります。なるべく早く元の肌色に戻すためには、どのようなケアをすればいいのでしょうか。
今回は、日焼けこんがり肌を極力早く戻すための方法についてご紹介いたします。

▼関連記事
夏の日焼けはシミのもと! 今から始めたいシミ対策とは
https://www.le-sonia.jp/blog/shimi-2/13

夏場は要注意! 日焼けすると脱毛できないってホント?
https://www.le-sonia.jp/blog/epi/64

日焼けした肌をできるだけ早く戻すケア方法

・肌を冷やして炎症を防ぐ
海やプール、音楽フェス、キャンプなど、夏は太陽の下で楽しむレジャーが楽しい季節。
日頃のストレスや疲れなどを忘れて、思い切り楽しみたいところですが、夏のレジャーには日焼けの心配がつきものです。
日焼けをすると、肌がヒリヒリしたり赤くなったりすることがありますが、これは軽い火傷と同じ状態です。まずは火傷と同じように、日焼けした部位を冷たいシャワーや冷やしたタオルなどで冷却し、炎症を防ぎましょう。

・肌が落ち着くまで保湿ケアを心掛ける
「日焼けでこんがりした肌を白くしたい」という思いから、日焼け肌にいきなり刺激の強い化粧品を使ってしまう方もいますが、これはNG。
肌に透明感を与る働きのある化粧品にはさまざまな成分が含まれていますが、このような成分は日焼けのダメージを受けたデリケートな肌にとって刺激が強すぎます。
場合によっては日焼けの炎症が悪化したり、色素沈着が起きたりすることもあるので注意が必要です。日焼け後の肌をケアするときは、低刺激のシンプルな化粧水を使用してしっかりと肌に優しい保湿ケアを行いましょう。しばらくは十分な保湿を続け、肌を回復させることが先決です。

・肌のターンオーバーを促す
日焼けした肌を早く戻すためには、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進させる必要があります。肌が乾燥するとターンオーバーの周期が乱れてしまうため、丁寧な保湿ケアを取り入れて、肌の生まれ変わりを促しましょう。
また、体の内側からのアプローチも重要になるため、メラニンを抑制するビタミンCや、新陳代謝を促してくれるビタミンEなどを積極的に摂取することも大切です。
加えて生活習慣にも気を配り、湯船にじっくりと浸かったり質の良い睡眠をとるよう心掛けてください。

・日焼け肌が落ち着いたらピーリングでスペシャルケアを
日焼けの症状が落ち着き、肌の状態が回復してきたらピーリングを使ったスペシャルケアを行うのもおすすめです。ピーリングによって肌の表面の古い角質を剥がし落とせば、肌のターンオーバーを促すことができます。
ただし、このようなスペシャルケアは、少なからず肌への負担にもなります。肌の状態を見極め、少なくとも日焼けをしてから2週間程度は経過してから行ないましょう。
また、使用するピーリングはなるべく低刺激のものを選び、ケア後は普段よりも丁寧な保湿ケアを取り入れてください。

化粧薬品を持つ女性

日焼けしてしまった肌は、時間とともに元の肌色に戻っていきますが、それでもやはりできるだけ早く戻したいですよね。
とはいえ、焦りは禁物です。肌色を戻すためには、まず肌の状態を回復させ、それから優しいケアに切り替えていきましょう。

お得なシミのキャンペーンはこちら!