シミ・くすみ

違いを知って適切にケアしよう! シミの種類とそれぞれの原因や特徴

年々増えていくシミにお悩みの女性は多いと思いますが、実はシミにもいくつかの種類があることをご存知でしょうか。
同じようなシミに見えても、種類によって原因や特徴が異なるため、改善方法にも違いがあります。シミを改善して透明感の高い素肌を取り戻すためにも、それぞれの原因や特徴をよく理解して、自分のシミはどのタイプなのかを見極めることが大切です。
今回は、女性必見のシミの種類や原因、特徴などをご紹介いたします。

→ シミ対策に人気のフェイシャルはこちら

シミの代表格「老人性色素班」

違いを知って適切にケアしよう! シミの種類とそれぞれの原因や特徴

年齢とともに増えていくシミといえば、老人性色素班という種類が主流です。早い方では20代後半からできはじめ、加齢とともに徐々に増えていきます。
紫外線によってメラニン色素が蓄積されることが原因で、丸い形で膨らみがないのが特徴です。大きさは数ミリから1cm程度のものが多く、薄い茶色や黒っぽい色味をしています。
紫外線が多く当たるパーツにできるため、主に頬やこめかみに多く現れますが、肩や背中、二の腕などのボディパーツにもできることがあります。
改善のためには、美白化粧品などの使用が一般的ですが、蓄積したメラニン色素を排出するためにも、生活習慣を整えたり紫外線対策をしっかりと行ったりと、肌のターンオーバーを促すことも大切です。

30~40代の女性に多い「肝斑」

加齢によって現れるシミには、肝斑という種類もあります。30~40代の女性に多く見られ、閉経のタイミングで薄くなっていくことが多いです。
肝斑は形に特徴があり、目の周りや頬骨の位置に左右対称に現れるのが一般的です。広範囲にわたって薄茶色のシミができているという場合には、肝斑の疑いが大きくなります。
また、他のシミは紫外線や摩擦などが大きな原因となりますが、肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れによって起こると言われています。妊娠やピルの服用によって出現したり、症状が悪化することもあるため注意しましょう。
肝斑の改善には、内服薬の服用やレーザー治療などが有効です。

肌の炎症の跡がシミに「炎症後色素沈着」

肌が炎症を起こし、その際の跡が残ると薄茶色から黒褐色の炎症後色素沈着というシミになる場合があります。化粧品のかぶれやニキビ、虫刺されなどによる炎症がとくに大きな原因です。過度な摩擦によっても起こるケースもあるため、顔だけでなく全身の肌に現れることも特徴の1つ。一般的には、肌のターンオーバーとともに薄くなっていくと言われていて、自然に消えていくことがほとんどです。
しかし、加齢や生活習慣の乱れなどがあるとターンオーバーが乱れやすくなり、改善が遅れるため注意しましょう。炎症後色素沈着を防ぐためには、摩擦を避けるためにも優しく顔や体を洗い、肌に合った化粧品を使ってニキビなどの肌荒れを起こさないようにすることが大切です。
また、虫刺されにあった場合には掻きむしったりせずに、いち早く薬を塗って炎症を沈めることを心がけましょう。

子どもの頃に多く見られる「そばかす(雀卵斑)」

違いを知って適切にケアしよう! シミの種類とそれぞれの原因や特徴

遺伝的な影響が大きく、小学生くらいから現れるのがそばかすです。子どもの頃にできたそばかすは自然に薄くなっていくことも多いですが、紫外線や成長の過程で濃くなるケースもあります。鼻から頬にかけて広がるのが一般的ですが、顔全体に出現することも。数ミリ程度の小さな斑点がぷつぷつとたくさん広がり、薄茶の色をしているのが特徴です。
また、思春期を過ぎた大人になってからできることもあり、この場合のそばかすは紫外線や生活習慣の乱れが原因と考えられています。ゴシゴシと強く肌をこするような洗顔や睡眠不足、ストレス、栄養バランスの偏りなどには注意しましょう。
改善方法にはレーザー治療などが挙げられますが、日頃から紫外線対策を行い、ビタミンCなどの栄養を積極的にとることも大切です。体の内側と外側から同時にケアを行いましょう。

盛り上がりがあるイボのようなシミ「脂漏性角化症」

別名では老人性イボとも呼ばれている脂漏性角化症。肌の表面にできる良性の腫瘍で、紫外線や老化、遺伝などが原因です。
脂漏性角化症がすでにできている状態でさらに紫外線を浴びると、症状が悪化していき、自然に消えていくことはありません。年を重ねるとともに徐々に大きくなるケースもあるため、日頃からしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。
また、見た目はボコッと盛り上がりがあるのが特徴で、数ミリの小さなものや1cm程度の大きなものまで形はさまざまです。色の濃さも薄茶色から黒っぽいものまで差があり、表面がざらざらしているのも脂漏性角化症の特徴です。

違いを知って適切にケアしよう! シミの種類とそれぞれの原因や特徴

種類はさまざまですが、女性にとってシミは大きな悩みとなるもの。薄く小さなシミであればメイクでカバーができますが、濃くなったり増えたりするとファンデーションだけでは隠しきれないこともあります。
できたシミを薄くする努力も必要ですが、これ以上シミを増やさないための対策にもしっかりと目を向けて、すっぴんでも自信が持てる肌を手に入れましょう。

→ シミ対策に人気のフェイシャルはこちら